So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

あの天然記念物は今 [マイナースポット]

梅雨入り前日に時間があったので

脊振のあの天然記念物を見に行ってみました。

那珂川町方面から上ると一瞬だけ見える沈下橋。


DSC_2418.JPG


福岡市近郊でこんな素敵な景色が見れると言うのも

また福岡の魅力でもあります。


DSC_2415.JPG


もちろん、落ちれば元に戻すのに

最低数万円はかかりますのでいちを慎重に渡ります。

沈下橋を渡ったら上流を目指します。

のんびりペースで走って

建設中の五ヶ山ダム。


DSC_2425.JPG


築提部分はほぼほぼ完成っぽいね。

二つあるケーブルクレーンの一つが

解体が始まってます。

ダム建設ってやっぱり大掛かりなんですね


DSC_2430.JPG


仮設で作られているコンクリートプラント群。

ダムが完成すればすべて取り壊されます。

基礎は残るでしょう(笑)


DSC_2428.JPG


10年位前?は右手には集落や小学校があったけど

今では無になっております。

先日のツーリングではまだ根っこが浮いていたけど


DSC_2432.JPG


ちゃんと着地してます!

スゲー


DSC_2433.JPG


ここまでの大木の移設というのは過去に実例が

無いので貴重なシーンが見れました。

移設にともない道路も通行止めにしていましたが

そろそろ通行可能になるかな?


DSC_2431.JPG


また数ヶ月してから見に行ってみましょう。

坂本峠、途中でさらに脇道に入り鳥栖までショートカット。

最後は鉄分補給。


DSC_2435.JPG






謎解きツーリング [遺構ツーリング]

マイナリストLINEでMさんが

コレナニ画像を送ってくれた・・・

採石場跡か何かと思っていながらも

SLの石炭積み込み施設跡と思ってましたが

今回はなぜかどーもスッキリしない・・・

Googleマップで見ても建造物の高さがかなりあることから

○部○州遺構調○団LINEに画像を放り込むと

案の定、皆食い付いた(爆)

そしてやっぱり現地調査に行かな!!!!

ということになり某日集まることになった。

待ち合わせは筑前岩屋駅。

9時集合だったけのですが数分遅れて着くと

ちくまえ。さんしかいない・・・

数分すると宗像調査部長さん到着。

bluefieldキャプテンは小石原付近だそうなので

まったりしながらのんびり待ってあげます。


DSC_2199.JPG


わたくしここ初めて来ました。

ちょっと山に入ってみるとこんなのもあります。


DSC_2196.JPG


ただの石垣ですが現日田彦山線釈迦岳トンネル建設当時は

ここに岩屋工事区があった場所です。

山の中でごそごそして駅前のベンチで座っていると

blue先輩到着。

blue先輩のバイク姿は糟谷炭田サバイバルオフ以来かな(懐)

全員揃ったとこで早速資料確認。

さぁ突る?っとなったときに1台のバイクが駐車場に入ってくる。

ヘルメットを脱いでこちらに歩いて来られる。

お互いに「おはようございます♪♪」っと挨拶。

ここまではバイクの乗りではよくある事。

しかしそのかたが次にはっした言葉が

「今日は皆さんで鉱山探索ですか?」・・・

これには皆ビックリ(爆)

僕はマイナリストLINEでチラッとほのめかしていたので

ひょっとしたら・・・っとか思ってお話をしていると

以前阿蘇ツーリングで出会った方で

僕らのブログを見ていただいている方でした(笑)

山口方面の遺構の状況などを教えて頂き感謝感謝。



DSC_2204.JPG


世の中広いようだけど狭いものです。

また必ずお会いしましょう!!!!

お気をつけて!!!!


DSC_2205.JPG


マタコンカイモオナマエオウカガイスルノワスレタ(^^;

んんで僕らは本題の物件を確認しに行きます。


_20160521_150635.JPG


やっぱり近くで見ると意外に大きいね・・・

SLの石炭積み込み施設では無さそう。

私有地通行の許可を頂き


DSC_2212.JPG


遺構上部を確認。ぶっちゃげ草に覆われているので

全貌を見ることは出来ません。

冬ならいいかも

そしてこの遺構が何かが判明。

それは釈迦岳トンネル建設時のコンクリート

プラントの一部、で間違えございません。

建設当時の資料も確認出来ました。

一時は九州最長だった時期もあったらしく

やっぱり難工事で多くの死者も出してしまったようです。

そんな遺構に感動しながらも

やっぱり汗が止まらん季節になってきました。

駅に降りて休憩休憩。


DSC_2219.JPG


blue先輩も大型免許が欲しいそうなので

煽ってあげます(爆)


DSC_2216.JPG


1300いいでしょ?いいですよ(爆)

久しぶりのメンバー集結だったので

いろいろな話で盛り上がります。

しばらくすると踏切が鳴りだし

上りのキハ47がヒーヒー言いながら登って来ました。


DSC_2215.JPG


逆光はともかく国鉄色が似合う景色ですので

是非検討していただきたいものです。

その後建設時の砂利捨て線跡を辿るのですが


DSC_2231.JPG


つつじが咲いている時期だとめちゃいい景色でしょ多分?

因みにこの築提、釈迦岳トンネル建設時にでた岩や砂利を

使用しているとか、やっぱりかなりな規模の工事だったんですね。

僕のリクエストでアーチ橋を見に行く事にします。


IMG_3689.JPG


棚田いいねぇ?

水をはるとまた余計美しい。


DSC_2235.JPG


上のほうにスズメバチの巣があったけどどうやら

廃になっている模様。

このアーチの次は


DSC_2238.JPG


この辺最大のアーチ。

戦時中の資材不足により鉄骨ではなく竹を

使用しているような話もジモジから出てました。

列車が通過するのを待ってみようっと思い

時刻表を確認するも断念。

いっそのこと日田まで行こうと言うことになり

日田へGO。


IMG_3691.JPG


朝は少し寒かったけど

12時になればもう真夏を

予感させるほどの気温です。

途中で話をし、目的地は筑後軌道豆田駅付近にあった

転車台跡を目指します。


IMG_3692.JPG


たどり着くか心配だったけど

何とか着いた。


DSC_2240.JPG


現在は埋め戻され確認する事はできませんが

発掘当時は


DSC_2239.JPG


こんなふうに見れたらしい。

また何かで掘り起こさないといけない事を

配慮してセメントの下には砂が引いてあるらしい。

次回発掘の際は自分の目で確認したいね。

当時のこの付近の写真


DSC_2242.JPG


当然お伺いさせていただいたにも関わらず

大変親切に対応して頂きありがとうございました。

鉄分補給した後は時間も13時になっていたので

昼飯タイム。


DSC_2246.JPG


日田の想夫恋本店。

本店は初めて来たんだけど

お客の数も凄いけど店員さんの数もスゲー(笑)


DSC_2244.JPG


熱々のパリパリ焼きそばを頂いて早いけど解散。

短い時間だったけど鉄分、久しぶりに集まれたメンバーと

楽しい時間がすごせました♪

次回六角トンネルと円形分水?

また走ろうゼィ!!!!



前の2件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。