So-net無料ブログ作成
鉱山、鉱山跡 ブログトップ

どーこー跡 [鉱山、鉱山跡]

F岡県K市某所。

かつてこの地にも銅鉱山が操業していた。

届け出上では大正中期から昭和中期迄操業していたようだけど

大正以前も採掘していたような記載もある。

過去にちくまえ。さんや宗像調査部長、宇垣おぴょぴょさんとも

探索したことがあったんだけど発見出来なかった所。

山頂付近から怪しい脇道に入ったんだけど

これが酷い道でタヌキはいるわ

猪の死体は転がっているは道路はこけだらけで

滑るし落石も酷くいままでで間違えなく酷い道でした。


DSC_1867 (550x413).jpg


一旦山を下り銅鉱山に続く元々の道を上がって行きます。

当時はここに事務所があったみたいなんだけど

今ではそんな面影はありません。


DSC_1868 (550x413).jpg


事務所の約10メートル位横には風呂があったらしいけど

こちらは残っています。


DSC_1870 (550x413).jpg


壁の裏側には釜場みたいなのもあります。


DSC_1871 (550x413).jpg


風呂場の壁が変わった模様も気になるんだけど正体はこれ。


DSC_1873 (550x413).jpg


当時はタイル張りだったみたい。

タイルが剥がれてあんな模様になっていたんですね。


DSC_1886 (550x413).jpg


風呂場跡から1kmほど未舗装の酷い道を上がり

今回の重点探索ポイント。

過去三回の探索で唯一回っていない場所。

一人っつ―のが非常に心細いんだけどバイクを止め

水を飲んでいると足元に蛇がいるおち。

これにはホントに驚き奇声をあげてしまったゼ(滝汗)

ヒバカリだったので危なくはないけど

もう冬眠が覚める季節。山は危険です。



当時の事が書かれている資料によると

トロッコがあった的な事が書いてあり

まわりが結構急斜面に囲まれている為

地形的にはここしかないので探索開始。


DSC_1874 (550x413).jpg


奥にコンクリートが見える?

足元をよく確認しながらぬかるんだ山に入ると


DSC_1876 (550x413).jpg


あっけなく発見。

安全の為塞がれていますが潰れることなくよく残ってました。


DSC_1881 (550x413).jpg


坑内から流れる水がやや気には流れますが問題になるレベルではないのでしょう。

 
DSC_1879 (550x413).jpg


付近は絶滅危惧種の植物が多く残っているそうです。

これは山菜? 枯れ方が怪しさを倍増。


DSC_1884 (550x413).jpg


数年間見てみたかった銅鉱跡を発見でき満足。


DSC_1875 (550x413).jpg


ドロドロになったPCXを家に帰り洗車し今冬の鉱山探索は終了。 予定

ツーの季節突入!!







宗像に残る穴 [鉱山、鉱山跡]

宗像市・・・


038 (950x713) (950x713).jpg


おいしいお魚や沖の島で 「海」 イメージがありますが

この周辺にもかつて金鉱山や炭鉱があった。

鐘崎という地名も一説によれば金の岬からきたようですが

仲良しメンバーでもある宗像調査部長さんが穴の場所を知っている

みたいなのでラインでいただいた情報をもとに行ってみた・・・


038 (950x713) (713x950).jpg


あの奥にあるらしいけど難度はやや低め・・・

教えてもらった通りに進むと


036 (950x713) (950x713).jpg


ちゃんとあった!!

結構な割合で金が産出されていたようだけど

坑内掘りっというのはやはり非効率で閉山・・・

付近にはいくつかこのような跡があるらしいけど

一人でさみしいので探索はおしまい!!


038 (950x713) (638x850) (950x713).jpg


お昼だったのでお知り合い様を誘って岡垣の八幡屋でランチ♪

やっぱり穴はたまんない♪♪

海の中に立つ遺構 [鉱山、鉱山跡]

福岡市西区・・・

今宿から糸島半島に向かう道を走れば


1680 (375x500).jpg


この時期なら福岡市漁協や糸島漁協が行っている

牡蠣小屋を多く目にします。

ここ最近の悪天で海は時化・・・  


1679 (500x375).jpg


カモメさんも休憩中です

こんな素敵な廃車もございます。 すてきな歯科もございます。


1678 (500x375).jpg


国鉄時代の貨物列車などで使用されていた

車掌車の3重連?も見ることもできます♪♪  うちにもほしか!!

そんな魅力あるところだけど

今津大橋付近から海を見ると・・・


1676 (500x375).jpg


ナニアレ?


海の中にコンクリートの台座がある・・・

近寄れないけど近くまで寄ってみます。


1675 (500x375).jpg


鳥の休憩所になっているけどこれってなんだろ?

ごそごそ調べてみて

一番最初に思いついたのが電線の鉄塔だけど

そうじゃなかったら・・・

付近には


1677 (500x375).jpg


鉱石が取れていた毘沙門山や

国営だった今山の鉱山もあった

引き込み線だって今宿から現在のコンビニまで走っていました。

以前のブログで一度アップしましたが


1672 (500x375).jpg


痕跡は今宿駅から分岐して202号線今宿交差点手前までしかないけど

ちなみに今の今津大橋が出来る前は

木製の橋が隣にかかっていたようだけど

その橋には複線の軌道があった・・・

過去の空中写真を見ると

今山の麓、今宿採石場積み込み場付近から

海に立つあの台座を渡り

毘沙門山に向かう途中の山も一直線で

木々が伐採されているのが確認できる・・・

20~30年前の空中写真を見ると電線の鉄塔に

見えるけどあの付近に索道があったと聞いたこともある・・・ 

海の台座が索道のものかは不明



真相やいかに!?







鉱山、鉱山跡 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。